無料アクセス解析

 中国の共産党単独政権継続と八重山諸島2040年代危機

  

        2030年までに中国経済のGDPはアメリカを追い越し、2040年までに中国人民解放軍の装備総額はアメリカ軍の装備総額を追い越す可能性が高いだろう。しかし、アメリカの軍事同盟国全体のGDPでは日本と韓国を除外しても中国と北朝鮮のGDPを上回り、また、カタパルト付き大型空母保有数でもアメリカ海軍が上回っているはずなので、  カタパルト付き大型空母保有数でもアメリカ軍を圧倒する2060年頃までは中国軍は好き勝手はできない。アメリカとアメリカの同盟国に海上封鎖される可能性があるからだ。

 

   もし仮に、2040年になっても中国本土で共産党単独支配が継続していれば、中国共産党幹部の大半と人民解放軍幹部の大部分は中華人民共和国政府成立百周年の2049年10月1日までに台湾の統一の実行を計画するだろう。彼らにとって、百年以上の国家分裂状態は放置できないからである。しかし、軍事制圧すれば国際批判を受けるだけでなく、台湾の民心は離れ、国外の華僑社会からも批判を浴びるだろう。

 

   そのため、台湾の軍事制圧は最後の手段にして、可能な限り台湾に香港のような「一国二制度」の受け入れを呼びかける等の平和的解決を図るだろう。しかし、台湾は簡単には「一国二制度」を受け入れないだろう。台湾側が平和裏に「一国二制度」を受け入れようとしない場合には、中国共産党や人民解放軍は台北政府や台湾軍が抵抗を諦める状況を造り出そうとするだろう。

 

   それだけなら、八重山諸島には直接関係しない可能性が高いだろう。しかし、その時までに日本が尖閣諸島を中国に返還せず、中国軍も中国の官憲も尖閣諸島に駐留してなければ話は別だ。その場合、中国人民解放軍は2040年代半ばまでに八重山諸島占領を実行する可能性が高い。なぜかというと、八重山諸島を占領継続できれば尖閣諸島に中国の官憲が駐留せずとも尖閣諸島は実効支配できるからである。しかも、それだけではない。八重山諸島を占領してアメリカ軍の奪回を阻止し宮古島も支配下に収めれば、台湾との地理的関係による軍事的優位と心理的に決定的圧力を台湾側に与えうるからである。それでも台湾側が妥協せねば澎湖諸島を軍事制圧するだろう。(人民解放軍首脳が馬鹿でなければ要塞化している金門島は放置して先に澎湖諸島を制圧するだろう。)人民解放軍が八重山諸島と澎湖諸島を制圧すれば、台湾軍首脳が馬鹿でなければ抵抗しないだろう。

 

   さて、八重山諸島占領の効果は、それだけではない。鹿児島から八重山諸島までの対潜用音響探知網・SOSUSに補足されず中国軍の戦略潜水艦が自由に太平洋に出入りできるようになるからだ。台湾だけを制圧しても対潜用音響探知網・SOSUSからは逃れられない事を考えると、この効果は大きい。更に、先島諸島には日本が整備した滑走路が多数ある。それを中国空軍は手に入れれるのだ。つまり、一石四鳥もの効果があるわけだ。

 

   2040年代に中国が八重山諸島を占領してアメリカに海上封鎖される可能性が無いかというと、その可能性は低いだろう。なぜかと言うと、カイロ宣言とグラント元アメリカ大統領の仲裁案があるからだ。もちろん、2040年にはカイロ宣言は約100年、グラント元アメリカ大統領の仲裁案は約160年も経過した骨董モノの古ぼけた大義名分に過ぎない。それだけではアメリカに海上封鎖される可能性は無視できない。しかし、尖閣諸島領有問題が未解決なら、領土紛争での小規模軍事衝突は国際的に見て「頻繁に起きる」事件なのである。中国を海上封鎖すればアメリカ経済も大きな痛手を受けるし、オーストラリアも中国が八重山諸島を占領したくらいで海上封鎖には協力しない可能性が高い。

 

   尚、尖閣諸島を中国に返還しても台湾制圧や戦略潜水艦が探知されずに太平洋に出れる利点から先島諸島が中国人民解放軍に占領される可能性はゼロにはならない。

 

 

   八重山諸島の住民の方々には、中立的立場に立って、尖閣諸島が本当に日本領なのか考えていただきたい。それを考えるには日本に不利な事を報道したがらない日本のマスコミの報道を受動的に鵜呑みにしていてはダメである。ぜひ、このホームページの [ 尖閣諸島(冊封使航路列島北部)領有問題 ] 項目の記事を真剣に読んでいただきたい。読んでわからない事や、簡単には信用できない事は私に質問するなり地元のマスコミに特集報道を要求するなりされたい。


目次

2016年10月17日 (2016年10月11日・当初版は こちら 。)

御意見・御批判は対応ブログ記事・[ 中国の共産党単独政権継続と八重山諸島2040年代危機   浅見真規のLivedoor-blog ] でコメントしてください。

浅見真規 vhu2bqf1_ma@yahoo.co.jp