無料アクセス解析

 中国が重要な冊封使航路の小島を放棄したとは考えにくい

 

    尖閣諸島 (冊封使航路列島北部) 日本領論者は、せっせと明朝・清朝中国に尖閣諸島に対する領有意思がなかったと主張している。しかし、それは常識に反する。

 

   もし仮に尖閣諸島 (冊封使航路列島北部) に危険な未開部族が住んでいたなら中国も領有放棄した可能性が高い。なぜなら、康熙帝時代には危険な原住民がいた台湾本島中央山岳地帯・東岸地帯及び「紅頭嶼」 (蘭嶼) を版図に入れない事が同時代の記録である黄叔璥著『台海使槎録』に明記されていたからである。(別記事・[ 『台海使槎録』は版図に入れない島を明示 ] 参照。) (注1) 

   それは、もし、危険な未開部族が住んでいる島や地域を領有していて他国の船が付近で遭難して漂着し、船員・乗客が殺害されたり奴隷にされたりすれば責任を問われるからである。実際、1871年(明治4年)、宮古島島民の乗った船が台湾本島南部の首狩りの風習のあるパイワン族の居住地である牡丹社に漂着し宮古島島民54名が殺害された事件 (注2) で清朝中国は多額の賠償金を遺族に支払わされた。(これは『』第五巻に「鳳山縣・・・・・雍正二年,歸化生番一十八社・・・・・新蟯牡丹社」とあるので康熙帝の死後に誤って首狩りの悪習の残る牡丹社を十分に吟味せずに清朝中国領の鳳山縣に編入してしまったためと考えられる。)

   しかし、尖閣諸島 (冊封使航路列島北部) の場合、明朝時代の鄭舜功著『日本一鑑』の「萬里長歌」中の記述によれば、釣魚嶼 (魚釣島) に漢人と思われる漁民が住んでいたと考えられるが (別記事・[ 鄭舜功著『日本一鑑』は釣魚嶼に中国人居住し官憲の巡視があった事を示す ] 参照)、台湾原住民が住んでいたと推察される記録はない。万が一、もし仮に、鄭舜功著『日本一鑑』の後の清朝中国時代に、釣魚嶼 (魚釣島) に漢人漁民に代わって台湾原住民の漁民が住んでいた時期があったとしても、場所的に釣魚嶼 (魚釣島) には、冊封使の航路と同様に「鶏籠嶼 (基隆嶼) →花瓶嶼→彭佳嶼→釣魚嶼 (魚釣島)  」と来たはずで、台湾原住民の漁民でも鶏籠港 (基隆港) 周辺のケタガラン族 (注3) しか考えられない。台湾本島の原住民の全てが過去には多かれ少なかれ「首狩り」の風習を持っていたと考えられるが、首狩りを盛んに行っていたのは狩猟系の原住民であって、農耕・漁労系の原住民はあまり首狩りをしてなかったし、鶏籠港周辺のケタガラン族は過去に鶏籠港を統治したスペインやオランダによって早くから文明化され早くから首狩りを止めていたと考えられる。

   それゆえ、明朝・清朝中国が尖閣諸島 (冊封使航路列島北部) を領有放棄したとは考えにくい。

   逆に、冊封使航路上の尖閣諸島 (冊封使航路列島北部)は中国から琉球王国への高価な下賜品を満載した冊封使船や進貢船 (朝貢船) が航路の目標にしており、海賊や外国が望楼を造ったり泊地にしたりすれば冊封使船や進貢船 (朝貢船) が襲われる危険があるため、中国は、もし仮に、尖閣諸島 (冊封使航路列島北部)に海賊や外国が望楼を造ったり泊地にしたりすれば排除しようとしたはずである。つまり、明朝・清朝中国は外国に尖閣諸島 (冊封使航路列島北部) が領有されるのを防止するため、明朝・清朝中国は領有せねばならない動機があったのである。


目次

2016年11月15日(2016年11月14日・当初版は こちら 。)

浅見真規 vhu2bqf1_ma@yahoo.co.jp


(注1) ただし、「紅頭嶼」 (蘭嶼)については『台海使槎録』(巻七)に「昔年臺人利其金私與貿易因言語不諳臺人殺番奪金」とあり、言葉がうまく通じず、台人(台湾に入植した漢人)が原住民の金塊欲しさに原住民を虐殺したとも書かれているようである。しかし、蘭嶼のタオ族と同じ民族と考えられるフィリピンのバタン島の原住民は江戸時代に周辺海域で遭難し漂着した日本人を奴隷にしたり殺害しており、生き残った日本人が中国にたどり着いて中国人の援助で日本に帰還しており、その事を中国政府は知っていた可能性が高い。

TOKONAME HOMEPAGE の『バタン島漂流記』参照

http://www.tokoname.or.jp/batan/batanono.htm

 

東京海洋大学附属図書館のホームページ の『尾張者異國漂流物語』参照

http://lib.s.kaiyodai.ac.jp/library/bunkan/tb-gaku/hyoryu/OWARI/owari-index.html

 

(注2) wikipedia「台湾出兵」参照。

https://ja.wikipedia.org/wiki/台湾出兵

 

戻る

(注3) wikipedia「ケタガラン族」参照。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ケタガラン族

 

戻る